読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終止形

おしながき



終止形(カデンツ

あるコードから安定したコードへ解決すること、
コード進行の動きをまとめる決まった型、
コード進行の最小単位、

これらのことを「終止形(カデンツ、ケーデンスとも言う)」という。

終止形は大きく

・D → T(ドミナント終止、ドミナントモーション)
・SD → T(サブドミナント終止)
・SD → D (→ T)(サブドミナント-ドミナント終止)

の、3つのパターンに分けられる。



ドミナント終止


  • Ⅴ7 → Ⅰ などが、これにあたり
    最も強い終止感をもつことが特徴で、曲中・曲間の至る所で使用される。

  • D → Ⅰ を「全終止」(さらに、完全・不完全終止に分けられる。後述)、
    D → トニック代理「偽終止」という。

  • 偽終止は、聴衆が期待する Ⅰ への解決を裏切る弱い解決で、
    本来楽曲が終わるタイミングで使用し、
    もう少し楽曲を続けたいような場面で使用される。


例)

  • 音楽の授業の挨拶「全終止
    起立(C、Ⅰ )→礼(G7、Ⅴ7 )→着席(C、Ⅰ )

  • 王道進行「偽終止
    |F△7 G7 |Em7 Am |
    (Ⅳ△7 Ⅴ7  Ⅲm7 Ⅵm )


余談

この強い終止感には3つの理由がある。

  1. トライトーンを含むため

M3 - m7間の増4度(トライトーン)が非常に不安定な響きなため


2. 二音が半音上昇 or 下降でトニックに着地するため

Cメジャースケールを例にすると、
C△7(Ⅰ△7 )の構成音は、C、E、G、B
G7(Ⅴ7 )は、G、B、D、Fとなる。

ここで、G7中の
Fが半音下がるとE、
Bが半音上がるとC、となりC△7の構成音と一致する。

このため、ドミナントはトニックへと解決しやすい。


3. 根音の完全5度下(完全4度上)への進行

根音が完全5度下(完全4度上)に解決する進行は
セブンスコードの有無に関わらず力強い動きをもつ。
これを「強進行」という。
有名な「ツー・ファイブ」はこれにあたる。




サブドミナント終止


  • Ⅳ△7 → I など。
    ドミナント終止より、終止感は弱いが変化が加わりシャレオツ。

  • S → T を「変終止(変格終止)」という。
    S(Ⅳ)の前は、全終止や変終止が置かれることが多く、
    賛美歌などの古典音楽では、完全終止の後に変終止がよく置かれ、
    これを「アーメン終止」などともいう。

  • Ⅳ (SD)→ Ⅳm(SDm) → Ⅰ (T)という形も頻用される。

    この場合のⅣm は、
    長調における同主短調(キーは同じだけど短調になったもの)の
    ダイアトニックコードである Ⅳm を借りたもの(準固有和音という)。


例)

  • let it be / Beatles Aメロ終わり「変終止
    |C G |Am F |C G |F C |
    (Ⅰ Ⅴ  Ⅵm Ⅳ  Ⅰ Ⅴ  Ⅳ Ⅰ )

  • In my life / Beatles Aメロ「サブドミナントマイナー
    |A E |F#m A7 |D Dm |A   |
    (Ⅰ Ⅴ  Ⅵm  Ⅰ7  Ⅳ Ⅳm  Ⅰ   )



サブドミナント - ドミナント終止


  • Ⅳ△7 → Ⅴ7 (→ Ⅰ) などがこれに当たる。

  • とくに、Ⅳ△7(SD) → Ⅴ7(D) のことを「半終止」という。
    Ⅴ7は安定しない響きなので、
    一旦Ⅴ7で曲を区切ってその後に T などを伴って、主に曲間などに用いられる。


例)

  • ひこうき雲 / 荒井由実 Aメロ終わり
    |E♭ E♭/ D  |Gm7   |A♭ A♭/ G |Fm   |
    (Ⅰ  Ⅰ / Ⅶ  Ⅲm7    Ⅳ  Ⅳ/ Ⅲ  Ⅱm   

    |B♭ B♭/ A♭ |Gm7   |A♭△7     |B♭7   |
     Ⅴ  Ⅴ / Ⅳ  Ⅲm7    Ⅳ△7      Ⅴ7    )





まとめ



  • ドミナント終止
    基本形は Ⅴ7 → Tだよ。
    TがⅠの時「全終止」、代理の時「偽終止」というよ。

    最も強い終止感があるよ。


  • サブドミナント終止
    基本形は SD → T で「変終止」というよ。
    終止感がドミナント終止よりも弱いよ。

    SD → SDm → T という形もよく使われるよ。
    この場合の SDm は同主調の Ⅳm が多く、この和音を準固有和音と言うよ。


  • サブドミナント - ドミナント終止
    基本形は SD → D (→ T )で、「半終止」というよ。

    終止感はないので、曲間の繋ぎなどに使われるよ。


  • 図にまとめるとこんな感じだよ。

    f:id:naokichi1006:20170309093857j:plain

おわり




こういう時に様々な曲で参考になる Beatles
ほんと音楽の教科書みたいなバンドだったんだなぁ、と再認識する。

わりと雑にまとめたから、いろいろ怪しいとこが多い。