読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和音 三和音

おしながき


和音

そもそも和音って何?

それは、
広い意味なら、3つ以上の異なる音名の音が同時になること、
狭い意味なら、根音(ルート)、3度、5度、(7度)が同時になること、
と定義されている。

”三和音”、”四和音”など音名の数で分けられていて、
よく使うのはこの2種類なので、これについて書いていく。

和音についてまとめたかった! …とは言っても、
暗記しなきゃいけないことばっかだから些か退屈だし、
冗長な感あるのは否めない。


三和音

トライアド(triad)とも言われて、3つの音名の音からなる和音。

構成音は、根音・3度・5度で、
つまり、根音・根音から見た3度の音・3度から見た3度の音
になっているので、これを3度堆積とかいう
けど、どうでもいいですよね

もちろん、
3度の音には長音程・短音程があるし、
5度の音にも完全音程・増音程・減音程があるから、
三和音にはいくつか種類があって、
それぞれを長三和音・短三和音・増三和音・減三和音という
(実際には 2×3 = 6個の組み合わせがあるけど、よく使うのはこの4つ)。

Cを根音としてそれぞれ見ていく。


長三和音

下は、Cを根音とした長三和音(Cメジャー・トライアド or コード)。
f:id:naokichi1006:20170223101502j:plain
”C”と記譜される。

構成音は、C・E・Gで、
それぞれ、根音・長3度(M3とも書く)・完全5度(P5とも書く)となる。

音楽の授業で1番最初に習うドミソである。
それぞれの周波数比的にも非常に心地よく調和がとれている。


短三和音

下は、Cを根音とした短三和音(Cマイナー・トライアド or コード)。
f:id:naokichi1006:20170223104908j:plain ”Cm”と記譜される。

構成音は、C・E♭・Gで、
それぞれ、根音・短3度(m3)、完全5度(P5)となる。

メジャーコードと比較すると、
3度の音が短3度になっており、
そのため第3音と第5音の間隔が長3度になっている点で異なる。


増三和音

下は、Cを根音とした増三和音(Cオーギュメンテッド・トライアド)。
f:id:naokichi1006:20170223110419j:plain ”Caug”、”C+”と記譜される。

構成音は、C・E・G#で、
それぞれ、根音・長3度(M3)、増5度(aug5ともかく)となる。

根音から長3度離れた長3度音、その長3度音から長3度離れた増5度音、
また増5度音から長3度離れたところには根音(1オクターブ上)があり、
いくら転回しても同じ音程になる。

そのため、
長和音・短和音などはそれぞれ半音の数 12種類だけ作れるのに対し
(C、C#、D、D#、E …や、Cm、C#m、Dm、Em、E#m …など)、
増三和音はルートが変わっても、第3音がルートに変わったりするだけで
12 ÷ 3 = 4種類しか作れない
(CaugとEaugとG#augは同じ構成音になるため)。


減三和音

下は、Cを根音とした減三和音(Cディミニッシュト・トライアド)。
f:id:naokichi1006:20170223113540j:plain ”Cdim”、”C°”、”Cm♭5”、”Cm-5”と記譜される。
◯m-5(マイナーフラットファイブ)という名称をよく使う。

構成音は、C・E♭・G♭で、
それぞれ、根音、短3度(m3)、減5度(dim5ともかく)となる。

ダイアトニックコードとして、
長調におけるⅦ度の和音や短調におけるⅡ度の和音として使われる。
ノンダイアトニックコードとしては、
コード間をなめらかにつなぐ経過音として使われる。


余談

狭義の意味の三和音からは外れるけど、
次の三和音もよく使われる。

sus4(サスフォー、サスペンデッド・フォース)
下は、Cを根音とした sus4。
f:id:naokichi1006:20170223122110j:plain

”Csus4”と記譜される。 構成音は、C・F・Gで、
それぞれ、根音、完全4度(P4)、完全5度(P5)となる。 Cメジャーの長3度を半音上げた完全4度に変えた和音で、
その音は独特の浮遊感と形容される。

Cメジャーに解決しやすかったり… ドミナント7の前に使われて云々…
とか言う話はコードの役割を勉強したらしよう。


んー、覚えることばっかでめんどいけど、
結局このあとダイアトニックコードとかコードの機能について話すなら、
ここで網羅しとかなきゃいけないわけだし…。
そもそも、まだ四和音に触れてないんだよね、それがやばいよね。